WARD LIVE MEDIA PORTAL

DRAGONFORCE

アルバム・タイトルは「過激なパワー・メタル」

RELEASE INFO

川嶋未来

前作「Reaching into Infinity」以来2年半ぶり、通算8枚目となるニュー・アルバム『エクストリーム・パワー・メタル』を、いよいよ9月25日に日本先行発売する多国籍メタル・バンド、ドラゴンフォース。「過激なパワー・メタル」という、まさに自らのサウンドを体現するようなアルバム・タイトルを冠した本作のテーマは『レトロ・フューチャー』。「俺たちのエピック・サウンドにさらに磨きをかけた作品」と自信を覗かせる通り、80年代特有の大げさな世界観を愛する彼らが、その理想像を具現化したような、『ドラゴンフォース・ワールド』全開の強力な内容に仕上がっている。なお本作には、長年ドラゴンフォースのファンであったというエピカのコーエン・ヤンセンがゲスト参加している。

 

ギタリストのハーマン・リに話を聞いてみた。

 

 

 

 

ー ニュー・アルバム『エクストリーム・パワー・メタル』がいよいよリリースになります。これまでの作品と比べ、どのような点が進化していると言えるでしょう。

 

ハーマン:ドラゴンフォースのアルバムを作るときは、いつでもドラゴンフォースが得意なことを、さらに高いクオリティでやる。サウンドに連続的な発展として、新たな次元を付け加えて行くのさ。今回のアルバムの一番強力な部分は、エピックなドラゴンフォース・サウンドだと思う。これはバンドが初めからもっていた要素だけど、今回はそれがとてもビッグになっている。俺たちはビッグなサビで知られていると思うけど、それがより強調されているんだ。「ザ・ラスト・ドラゴンボーン」、「ハイウェイ・トゥ・オブリヴィオン」、「コズミック・・・・」*、えーと、なんだっけタイトル思い出せないや(笑)。ともかくこれらの曲のサビはとても素晴らしいよ。今回ももちろん過激でクレイジーなギターソロ満載だし。

 

(*「コズミック・パワー・オブ・ジ・インフィニット・シュレッド・マシーン」)

 

「ハイウェイ・トゥ・オブリヴィオン」ミュージック・ビデオ

 

― 今回のアルバムでは、曲作りの分担はどのような感じで行われたのでしょう。

 

ハーマン:メインはサム・トットマンだね。フレッドも何曲か書いたけど、メインはサムだよ。一応クレジットを確認してみよう。1曲、エピカのコーエン・ヤンセンが関わった曲もある。サムとやりとりして曲を書いてもらったんだ。

 

― 「ザ・ラスト・ドラゴンボーン」には、非常に日本っぽい雰囲気を感じたのですが。

 

ハーマン:あの曲は戦いについてだよ。歌詞は、『Skyrim』というゲームにインスパイアされたんだ。『The Elder Scrolls』というシリーズの。空想の戦いの勝利みたいな内容さ。だから特に日本というわけではないんだ。

 

― 「リメンバランス・デイ」では、バグバイプのサウンドも使われています。

 

ハーマン:あれはコーエンが持ち込んだ新しい要素だよ。過去のドラゴンフォースのアルバムにはなかったものだね。コーエンのキーボード・プレイは違ったものだったけれど、同時に彼にはドラゴンフォース的なアプローチというものも説明をした。ビデオゲームやレトロ的な要素と、彼のオーケストレーションがうまく混ぜ合わされていると言えるね。

 

 

― 今回キーボードをコーエンに頼んだ経緯を教えてください。

 

ハーマン:彼がドラゴンフォースのファンだというのを知っていたからね(笑)。ずいぶん長い間ドラゴンフォースを聴いているらしくて。彼からアプローチがあったんだよ。キーボードとか、何か手伝えることはないかって。「公式に」彼と知り合ったのは、エピカとのヨーロッパ・ツアーでさ。4年くらい前だったかな。今回初めてヴァディム抜きでアルバムを作ったから、キーボードを担当してくれる人間が必要だったんだ。ヴァディムは去年バンドを抜けてしまったからね。

 

― 前作でもフレッシュゴッド・アポカリプスのメンバーが、キーボードのアレンジメントとしてクレジットされていましたが。

 

ハーマン:確かにフレッシュゴッドのメンバーも少し参加しているけど、あれはプロデューサーのイエンス・ボグレンが頼んだのさ。だから、彼らとは会ったことも話したこともないんだよ(笑)。あくまでプロデューサーのアイデアだった。

 

― 今回コーエンはアレンジメントも担当したのでしょうか。

 

ハーマン:いや、アレンジメントというより、曲を彼に渡して、それにキーボードを乗せてくれという感じだった。だから、キーボードのパートは彼のアイデアだけど、曲自体をアレンジしたわけではないよ。曲の構成を変えたりはしていない。

 

― アルバム・タイトルは『エクストリーム・パワー・メタル』と、ずいぶんとストレートなものですが、どのような意図が込められているのでしょう。

 

ハーマン:セカンド・アルバムの『Sonic Firestorm』をリリースしたときに、ボックスに「Extreme Power Metal」というステッカーを貼ってくれとレーベルに言ったんだ。「パワー・メタルの限界をぶち破った〜」みたいなやつ。当時、ドラゴンフォースと他のバンドの違いというものを、人々が理解していなかったからね。今回のアルバムのテーマは、レトロ・フューチャー・スタイルなんだ。アートワークもね。なので、タイトルも面白くて少々バカバカしい、80年代的な大げさでクレイジーなものにしたかったんだよ。それで、「『エクストリーム・パワー・メタル』というのはどうだい?」と提案したら、サムも気に入って、ジーも「ぜひそれにしよう」と。

 

 

― レトロ・フューチャーをテーマに選んだのはなぜですか。

 

ハーマン:俺たちはずっと80年代が好きなのさ。テーマや色使いとかね。なんとなく面白くて、今振り返って見ると、冗談のような感じで。当時のロック・バンドや、シンセウェイヴのバンドとかさ。俺たちはビデオゲーム・ミュージックも好きだし、パワー・メタルやエクストリーム・メタル、それにレトロなビデオゲーム、アーケードゲームの要素を混ぜ合わせた音楽をやっている。カバーにはランボルギーニも描いてあるし。とても80年代だろ(笑)。あまり真面目くさっているものではなく、さらに他のバンドとは違ったテーマでもあるし。

 

― あなたは何年生まれですか。

 

ハーマン:76年だよ。

 

― とすると、年齢的には80年代をリアルタイムで知っているわけですね。

 

ハーマン:いや、俺は80年代当時は香港にいたから、全然知らないんだ。香港を出て行くまで、ロックというものすら聞いたことがなかったよ。

 

― 80年代にハマったきっかけは何ですか。

 

ハーマン:俺は『エイリアン』や『ターミネイター』、『ロボコップ』みたいな映画が大好きだったんだ。そのあたりがきっかけだね。それから80年代終わりから90年代初めのビデオゲーム。80年代限定というわけではないんだ。80年代のロックを聴くようになったのは、90年代グランジが人気だったころ。ギターを始めて、いろいろなギタリストの作品を聴くようになってね。スティーヴ・ヴァイやジョー・サトリアーニなどを聴いて、さらに遡って、イングヴェイやジョージ・リンチなどを発見した。だから、80年代の音楽的イメージというよりは、そのギタープレイに魅かれたと言えるね。

 

― 先ほどビデオゲームからのインスピレーションというお話がありましたが、今回歌詞の面で、ほかにどのようなトピックが扱われているのでしょう。

 

ハーマン:そうだね、さっきも言ったように、「ザ・ラスト・ドラゴンボーン」は『Skyrim』というビデオゲームからインスパイアされた。あと、「トゥルーパーズ・オブ・ザ・スターズ」は、『スターシップ・トゥルーパーズ』という映画に基づいている。ほかの曲は、えーと、曲のタイトル全然覚えてないんだよ(笑)。ちょっとリストを開くね(笑)。1ヶ月前に子供が生まれてさ。

 

― それはおめでとうございます。

 

ハーマン:それで、いろんなことがありすぎて、それ以前にやったことをすっかり忘れちゃってさ(笑)。「ハイウェイ・トゥ・オブリヴィオン」は、空想のドライヴについての歌詞で、80年代のロック風の破壊的な内容。「リメンバランス・デイ」はちょっと趣が違う、ファンタジーっぽくない内容ではない。いろんな内容の歌詞を扱ってるよ。「コズミック・パワー・オブ・ジ・インフィニット・シュレッド・マシーン」は宇宙探検、スタートレックみたいなスタイルの歌詞だし。

 

― 今回プロデューサーを、イエンス・ボグレンではなくDamien Rainoudにした理由は何だったのでしょう。

 

ハーマン:レトロ・フューチャーがテーマのアルバムを作るなら、やっぱりロサンゼルスのプロデューサーに頼むべきだろ(笑)。デイミアンは、イエンスよりも知名度は劣るけど、素晴らしいプロデューサーだよ。素晴らしい仕事をしてくれたと思う。まあ実際デイミアンもアメリカ人ではないのだけど、ロサンゼルスのマジックをうまく閉じ込められたと思う。

 

― あなたは今ロス在住なのですよね。

 

ハーマン:そうだよ。

 

ー ロンドンと比べてどうですか。

 

ハーマン:まだわからないな。世の中は変わり続けているからね。

 

 

 

― 日本でのライヴの予定はいかがでしょう。

 

ハーマン:次回日本に行くときは、スペシャルなショウにしたいと思っている。ここ最近見せたショウとは違ってね。次回行くときは、巨大なセットを持って行くよ。日本には、ツアーの後半に行こうと思っている。レーザーや火のセットとか、可能なものはすべて持っていきたい。正直に言うと、日本のファンは、まだ本当のドラゴンフォースのライヴを見たことがないと思うんだ。なかなかセットを持って行くことができなくてね。だから、次回は俺たちが見せたいと思うドラゴンフォースのショウを、日本のファンに見せたいんだ。

 

― では最後に日本のファンへのメッセージをお願いします。

 

ハーマン:いつもサポートしてくれてどうもありがとう。次回日本に行くときは、間違いなくベストなドラゴンフォースなショウをお見せするよ。ニュー・アルバムは気に入ってもらえると思う。ニュー・アルバムを聴いて、ぜひそのPVを見てほしいな。

 

文・取材 川嶋未来

 

————————————————————————————-

2019年9月25日 日本先行発売予定

ドラゴンフォース『エクストリーム・パワー・メタル』

【100限定サインカード付CD+ボーナスライヴDVD+Tシャツ】¥8,000+税

【初回限定盤CD+ボーナスライヴDVD】GQCS-90758~9 / 4582546590161 / ¥3,500+税

【通常盤CD】GQCS-90760 / 4582546590178 / ¥2,500+税

【日本盤ボーナストラック/日本語解説書封入/歌詞対訳付】

 

【CD収録予定曲】

  1. ハイウェイ・トゥ・オブリヴィオン
  2. コズミック・パワー・オブ・ジ・インフィニット・シュレッド・マシーン
  3. ザ・ラスト・ドラゴンボーン
  4. ハート・デモリッション
  5. トゥルーパーズ・オブ・ザ・スターズ
  6. レーザーブレイド・メルトダウン
  7. ストレンジャーズ
  8. イン・ア・スカイフォージド・ドリーム
  9. リメンバランス・デイ
  10. マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン

《日本盤ボーナストラック》

  1. ビハインド・ザ・ミラー・オブ・デス

 

【日本盤限定ボーナスライヴDVD (ダウンロード・フェスティバル2018)】

  1. アッシィズ・オブ・ザ・ドーン
  2. ジャッジメント・デイ
  3. クライ・サンダー

 

【メンバー】

マーク・ハドソン(ヴォーカル)

ハーマン・リ(ギター)

サム・トットマン(ギター)

フレデリック・レクレール(ベース)

ジー・アンザローネ(ドラムス)

 

ドラゴンフォース『エクストリーム・パワー・メタル』 特設サイト

http://wardrecords.com/page/special/dragonforce/